© 2019 by SLAM CAVALLEY 

KYOJI (Vo)

京都市出身。

唯一のオリジナルメンバー及びリーダー。

​スラムキャバレー解散後も音楽活動を継続していたが1999年に音楽活動を自ら凍結。

​京都時代のメンバーSUZYの呼びかけにより葛藤の末、2018年「スラムキャバレー一夜限りの復活ライブ」を行う。初代ギタリストTEAZEER2018年他界。これを機にスラムキャバレー再始動を決意。​バラード曲ではギターも弾く。多くの楽曲の作曲、すべての作詞を担当。ミッドトーンを中心音域とし、独特の甘く刹那的なビブラート唱法を得意とする。

13686_ext_09_0.jpg

秀生-HIDEKI- (Gt)

東京都出身。
16歳からギターを学ぶ。多くのカバーバンド、サポート、セッション活動を中心に活動していた速弾きギタリスト。KYOJIに見初められ加入。リスペクトするギタリストはジェイク・E・リー、エドワード・ヴァン・ヘイレン、マイケル・シェンカー、湯浅晋、金谷幸久。

KAZUTO (Gt)

北海道出身。
小学生の時にC-C-B、TOM☆CATの影響でロックに目覚める。
後に上京し数々のバンド活動を経てSLAM  CAVALLEYギターオーディンに合格。
将来の夢はIBANEZとのエンドース契約。
JUNZO (Ba)
広島県出身。
スラムキャバレーで一番在籍が長いメンバー。KYOJIとは180度違うキャラクターで人と馴染みやすく、温厚な性格でもある。しかしいざステージに立つと、最高に華がある男。
​スラムキャバレーでは多くの楽曲を提供。ポップセンスはメンバーNO1でもある。
KYOJIからの呼びかけにより、30周年記念から再度参加!
ハプニング武田 (Ds)
北海道札幌市出身。
13才の時に粗大ゴミから拾ってきたガットギターに鉄弦を張り、針金とラジコンカーのスプリングで自作したハーモニカホルダーを首からぶら下げ、憧れていた長渕剛の曲を独学で猛特訓し現在に至る。寡黙なスピードドラマー。